不動産売却のメリットと手順

不動産売却は、一度に多額のお金が動く大きな取引です。自分には縁がないことと思う人がほとんどですが、取引件数は年々増えています。ごく普通の人が、自分の資産運用に関する手段の一つとして不動産売却を扱うケースも増えてきました。不動産売却にはどんなメリットがあるのでしょうか。

不動産を売却する最も多いケースが、今ある家を売り新しい家を購入するパターンです。子供が誕生し家族が増え、賃貸を探し広い家に住み替えるよりも、自分達の老後も考えて新しい家をもう1度購入し、落ち着いた暮らしがしたいと思う人が多くなっています。このような場合だと、住んでいた家が売れればまとまった大きなお金が手に入り、新しい家を買う資金となります。住み替えのための費用が色々かかりますが、それを差し引いても新居購入のための頭金が確保できるので住み替えに踏み切る人が多くなっています。

また親から不動産を相続したが、相続税が払えないのでその資産を売却し一部を相続税の支払いにあてるケースもあります。現金が手に入るため自分達の生活資金に使ったり、金融商品を購入して財テクを行うなど使い道が広がります。 いずれの場合も、売却にあたり費用が発生します。不動産を販売するために業者に依頼をすれば、手数料が必要ですし、売却が完了すれば税金も支払わなければなりません。 このサイトでは、土地や家などの不動産売却についてのメリットや売却の手順や諸費用について紹介します。

<<外部リンク>>
東京で中古マンションを不動産売却する際の手順や諸費用については、こちらのサイトを参考にしました ⇒⇒⇒ 中古マンション 東京